オリエンタリズムもここまでくると清々しい『KUBO 二本の弦の秘密』

やーなんかすごいものみたなって気持ちになりますよね…。

岡山は年明けにアンコール上映やるらしいので、もう一回みてもいいかなーと。

オーケーグーグル、で一日をはじめてみる

半額セールやってたので買ってみました。

音質が全然違うから!と弟その1と店員さんに力説されたのでこちらに。 ところで弟その1は二台で二万円てゆー時に買ったらしく、今回の半額に涙目になっていました。

それはともかく。

 

どーん。
f:id:honeysky:20171210153847j:image

 

未来っぽいね!
f:id:honeysky:20171210154117j:image

 

とりあえず寝室に置いて使ってみようということでセッティングしました。ところで英語だと 

タイトルが直球で役に立つのです

持ち運びしやすい組紐台を義父につくってもらったのでお礼の品と共に作品つくってみせようということでこれから組むことに。

www.seibundo-shinkosha.net

しかし丸台だとサクサク組めるとはいえ、間に合うのかっつー。

どんな装備で旅にでる?ベッド周りの環境を整えたい

ごきげんよう。来週ちょっと学生を連れて東南アジアに行きます。仕事でいけていいなっていわれたけど自腹でも一人で行く方がよっぽどいいですよMAJIで*1。まあそれはともかく。

ホテルって乾燥するじゃないですか。エアコンとかエアコンとかエアコンとかで。

元々喉が弱いのでまあ濡らしたタオル干したりとかマスクして寝るとかいろいろやるんですが、いまいち決定打にかけるわけです。で、モバイル加湿器ってどうなの?て思って買ってみました。

濾紙がじゃばら状になってて水入れて気化させるタイプのやつを。枕元に置くならこれもありかなーみたいな。

 

www.mikuni-consumer.jp

 

で、スーツケースにそれ入れるつもりでいたんです。

そしたら欲しいものリストに何となくあげてたけど廃盤になってしまっていた無印のアロマディフューザー(ポータブル)の後継機種が出ているのを発見してしまって。

 


ポータブルアロマディフューザー | 無印良品ネットストア

 

しかしこれはアロマディフューザーなので加湿はできない。当たり前だけど。しかしなあホテル微妙…て思うときってにおいが…みたいなことも多いので、香りグッズはあってもいいんだよなあ。

で、まあ「加湿器なんか濡れタオルでいいじゃん」「アロマなんかティッシュにオイルたらせばいいじゃん」てゆーせめぎ合いを脳内で繰り広げてます。オチとしては「どっちも持って行けばいいじゃない!」て私の中のマリー・アントワネットがにこやかに言い放って終わる。うん。そんなオチしかない。

*1:あかねさんは人と旅行に行くと無駄にアテンド能力が発揮されるのでぐったりしがちです…

万能薬ではないけど希望をもってしまうものについて『台北ストーリー』

デジタルリマスターをみました。ヒロインの顔が好みでみとれる。

それはともかくアメリカ移住に夢をみがちだったりするのはどこも同じなんだなーて思ったりしました。ラストあれだけど、ヒロインはこれで解き放たれると思えばせいせいするな!ていう。いやその。どんな仕事をするかも大事だけど、誰と仕事をするかって大事ですよねーとかも。

1985年の作品だけど、人の悩みってそんなに変わらないのだなあというのがしみました。

貴族の館で何をみるか『装飾は流転する 「今」と向き合う7つの方法』@東京都庭園美術館

休館あけの展示一発目。庭園美術館は友達が友だちが勤めていてタイミングがあえば解説されながらみるという贅沢なことが可能なので正直なところ他の美術館の展示よりも甘めに見てしまうのですよ。
館内は撮影できるようになりました。

f:id:honeysky:20171212204421j:plain

すげーなって思いながらみたやつ。実際に車輪まわるし扉も開くらしいよ。
しかし二階はなんかこう…禍々しい感じだった。ファッションの展示なんだけど、戦時中を思わせるようなものとかもあって、場所的にそれやるのすげーなみたいな。

f:id:honeysky:20171212205012j:plain
これパルコのウィンドーにもつかわれてるんだけど、集団だとなんか怖いよねみたいなことゆったら、防空ずきんがモチーフらしいよこのフードと教えられてよけいにうひーてなりました。まあ二階はこんな感じのファッションの展示とミニチュアと窓辺をかいてみるそして中をみせてもらって写真に撮るってゆー三本だて(多分)で、それぞれ面白かったです。窓のは解説よまないとわかんないやつなので、是非解説をお読みいただきたい。

おまえは何をいっているんだ『愛を綴る女』

予告編でうーむこれはなんか微妙*1と思いつつ、まあ面白そうなのでみました。

 

aiotsuzuru.com

 

なーんかこの一ミリもヒロインに同意できなくて、ないわーおまえなにいってんだよないわー、てのなんかデジャヴ…て思いながらみていたんですが、あれだ。『アンナ・カレーニナ』だ。なるほど。しかしヒロインのガブリエルはちょっとこの子大丈夫なの?てくらい激しいので、とりあえず適当な相手を見繕って結婚させとこうという母親の考えはひどいけど悪くない。

服は超かわいいのでまねしてつくりたいやつとかけっこうあるなあ、と思いました。

 

*1:基本的に婚姻関係からはずれる恋愛ていう題材そのものが苦手なんで。おもしろいかとは別のところで