万能薬ではないけど希望をもってしまうものについて『台北ストーリー』

デジタルリマスターをみました。ヒロインの顔が好みでみとれる。

それはともかくアメリカ移住に夢をみがちだったりするのはどこも同じなんだなーて思ったりしました。ラストあれだけど、ヒロインはこれで解き放たれると思えばせいせいするな!ていう。いやその。どんな仕事をするかも大事だけど、誰と仕事をするかって大事ですよねーとかも。

1985年の作品だけど、人の悩みってそんなに変わらないのだなあというのがしみました。