太眉はやってるねー、ていいながらアナスタシア的なサロンへ

ごきげんよう。眉毛って悩ましいですよね。
先日ヅカ友がシェアしていたこの記事が面白くて首がもげるほど頷きながら読んだんですが、中でもヘドバンか!て勢いで頷いたのは眉毛の話。

hikakujoho.com

まあそもそも化粧全般も理屈を習わないとトンチキなことになるわけで、先日友達から盛大にダメ出しをくらってブートキャンプかYO!て勢いで矯正中なんですがそれはちょっと別の記事にするとして。

眉については一回思い立ってアナスタシアに行ってみたことがあったのです。5年くらい前にまじめに転職活動っつーか就活してた時*1ですね。その時は自眉を活かしつつナチュラルな感じに…というリクエストで施術してもらい、しかし非常勤の財布で定期的に通うのはしんどいなーと思ったんです。ちなみに勧められた化粧品はいいお値段でしたが施術してくれたお姉さまが「似た感じのが〇〇とか××とかでありますから、こういうアイテムをこうしてああして(略)」て朗らかにおっしゃったので帰りの乗換駅でプチプラなやつを買いましたすみません…。が、やった翌日に「あれなんか今日眉毛いいね!あか抜けた感じ!」とおねーさまに褒められたので如実に効果のあるパーツではあります。前髪つくってないから余計にね…!
で、その時の就活の結果として無事専任の職をゲットして岡山に住んでいるわけですが、岡山にはアナスタシアがないわけですよ当然ながら(失礼だな<とはいえたまたま眉毛話をした知人が実は数か月に1度の関東出張の度にアナスタシアに行っている人で、だいたい口をそろえて「でも岡山にはできないですよねえええ」てスタッフが言ってたという話をきいたので眉毛オンリーだと厳しいと思うのは共通認識なのではないか。もちろんその知人も「え!岡山で施術受けられるんならいく!もちろんいく!」と言ってました)。でもなー上京のタイミングに合わせて予約が取れるとも限らないし、そもそも婦人科と美容院を東京で済ませている上に眉毛もってなったらちょっとしんどいなーて思ったまま時が過ぎていたわけです。幸い自眉がしっかりめに生えているので、サロンで施術してもらった眉を参考にして余分だなって思われるところを剃ってちょっと長さも整えてやればそんなにひどいことにはならないし。しかし最近のブームにあわせて太めの眉にしようとするとどこまで太くしたらいいのかよくわからん!ていうかそもそもわりと太いし!いいのもうトレンドにはのらずに眉を描いていくわ…!

と、思っていたところに岡山高島屋をぶらついていたら「アナスタシア技術提供サロン」の文字が目に飛び込んできたではないですか。

えええまじで!大都会岡山でもアナスタシアの施術が受けられる(失礼だな2回目)っていうの!?
と興奮しながらスマホで検索したところ、親会社は同じでほかの施術(ネイルとかまつエクとか)もやっているサロンの模様。ホットペッパーで予約できるようなのでサクッと2週間後くらいの日程を予約していってきました。それくらいあれば剃ったところも伸びてくるし、長さが…てところはハサミで切ればいいわけだし。

で、当日。
まあアナスタシアのサロンについてはあちこちのブログでレビューがされてますし、技術提供されてるというよりはアナスタシアそのものだったので省きます。つうかビフォーの写真撮り忘れた時点で記事にできません。途中の爆笑もの眉は相変わらずだった。つうかあれこそ写真をとるべき瞬間なんだよ…。

とかいいつつとりあえずアフター。髪がぼさぼさなのはレッスンの後にいったからです…。
f:id:honeysky:20181108114649j:plain
眉頭を丸いブラシで入れるともう少しふわっとした感じになるの便利。

こうやってみるとむっちゃ奥二重なのがよくわかりますね!
個人的な悩みとして、眉尻が定まらないのと左右の眉山の高さがちょっと違うの2点があったんですが、サロンにいくとその辺がざくっと解決できるので良いです。とはいえ毎月通うかつーとな…脱毛だと皮膚のびてたるみの原因になるってゆーじゃん的な…。とはいえアナスタシアのコスメとか眉ツールが購入できるので、そのうちブラシとか買いたい所存。

*1:非常勤で勤めてはいたんですけど、指導教授が定年退職になるのでここらで専任になっておかないとやばいという方針で行動していた