わかりやすくスポ根ものだけど、フェミニズム映画でもあった『ダンガル きっと、つよくなる』

ようやくみてきました。


映画『ダンガル きっと、つよくなる』公式サイト

 

あらすじはおいておいて、ぐっときたのは決勝戦前夜の「敵は女を下にみるすべての人だ」ていう台詞でした。自分の夢をたくすって形でも、子どもに可能性を見出して個人として扱うってけっこう難しいよなーて思うのです。