女革命家をひろってるのが新しい『ひかりふる路』

雪組公演みてきました。

まー大劇場お披露目ですしね。

ひかりふる路ですが、いいなと思ったのが女革命家たちが集会をひらいてるシーンがあったところです。あとギロチンの表現がかっこよかった…幕に斜めに入ってる線があるシーンではギロチンにみえ、あるシーンでは希望の光にみえるってゆー。

話がそれました。

正直なところ今まで宝塚でフランス革命を扱ったものって男の人の話だったじゃないですか初演の星組スカピンとかどうみても民衆(女)が強いけどそれは星娘だからつよそうなわけですし…あすかちゃんマルグリットでさえ革命の女闘士っていわれてもピンとこない感じで。1789もオランプは貴族側というか最終的にはアントワネットの側だし。ていうところからすると、こういう場面を入れてくるあたりが新しい風なのかな、と。なんとなくだけど最近の雪組自体がわりとジェンダーバイアスをとりはらおうとしてるような感じもしています。トップ娘役不在時期をへてやっと!かよ!とは思わないでもないけど、進歩は進歩なので…このままうまいこと着地してほしいなと思っているわけです。