国の威信の置き所は揺らぎながら『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』

ようやくシネマクレールでかかったのでみてきました。
前半ちょっと眠くて意識がとんでしまいまして…(ドキュメンタリーあるある)まーでもゴージャスなものを大画面でみまくると満足感ありますね!
予算なくて云々みたいな話はどこも同じよな…てなります。いきたい美術館ではあるので、映像ソフトでたらまたみたいかも。

印象的だったのは、作品は人の目にふれるべきっていう考え方が徹底してるところで個人所蔵したあげく棺桶に入れて欲しいとかマジで滅せよって感じなんだろうなーて思いました。あとプーチン大統領のあたりですね。たしかに美術館に支援した上に自分のゲスト(=外国の要人)も連れてくる大統領はありがたいよね。