ざらざらとした気持ちになる『セールスマン』

もう予告編の時点で後味悪い話なんだろうなーという気持ちを抱えつつ『セールスマン』みてきました。『セールスマンの死』は未読ですしお芝居をみたことはないです。
www.thesalesman.jp
性犯罪の話が起きるたびに気になるのが女性が被害にあった時に周りの男性がどうするかっつーやつなんですけど、まあなんていうか概ね自分の持ち物を傷つけられたっていう感じに転がっていくよねっていうのが描かれててすごいなって思いました。
あとこの相手のためにと思って動いた結果とんでもない結果になって後味悪く終わるってなんかデジャヴ…って思ってしばらく考えてて、『マジカル・ガール』だわってところに落ち着いたのでそれに比べれば気持ち悪さは薄いわということにします。
面白いけど人に積極的にすすめるかっつーとな、ていう。あといかがわしい職業をしている女は何されても仕方ないみたいなのがわりとどの登場人物からも感じられるのがしんどい。
ちなみに『マジカル・ガール』はよくわからないまま見に行って「うっわー!きもい!つらい!面白かったけどきもい!」てうめいてたら「なぜ見にいった…」て二人くらいに呆れられました。どっとはらい