袖をどうやっても切れない振袖

実家においておいても仕方がないもの筆頭である振袖を引き取ってきました。
単純に下をばっさり着るのではなくて、前にくる袂の部分をそのままに肩山をずらせないものかしらと思ってよく袖をみたら、肩の模様はそこで身頃と柄合わせがしてあって、どうにもならないかんじ。肩と袂の模様をそれぞれいかしたければ袖の途中を詰めるという方法しかないわけで、
や っ ぱ 無 理。
という結論に至りましたorz。
仕方がないのでそのまま着ることにしますよ。というわけで友人諸氏は私が振袖の似合う外見でいるうちに結婚式をあげてください(そこかい)